カテゴリー
五島列島釣MAP

嵯峨ノ島・ガケ下(首切り)

176 嵯峨ノ島・ガケ下(首切り):都丸

ガケ下は後方が切り立った断崖で足場の高い所が多い。
潮は、上げ、下げとも横流れで速く、イシダイは1~2㎏の数釣りが可能。潮の大小によって本流が沖を走る時があり、磯際まで潮が来ない場合もある。
アラは、至る所にポイントがあり、潮止まり前後がチャンス。過去に20㎏級の実績がある。
クロは、春、秋ともに500~800gの良型が釣れる。冬場、秋の夜釣りには1~2㎏クラスが出る。フエフキ、オナガグロが多い海域。
一帯は嵯峨ノ島の西岸にあたるため、春先、晩秋のベストシーズンに上礁の機会が少ない。

カテゴリー
五島列島釣MAP

嵯峨ノ島・京ヶ岳瀬~横瀬

177 嵯峨ノ島・京ヶ岳瀬~横瀬:都丸

各釣り場ともゴロタやシズミ瀬が多く、クロ、イシダイ、フエフキなどの魚影が濃い。
横瀬は水深11~12mで、イシダイは下げ潮が足元へ突っ掛けて来る時に竿3本程先を釣ると2~3㎏級が出る。クロは上げ潮が沖のシズミへ向かう時に700~1㎏級の良型が数揃う。
軍艦瀬は釣り座がやや高いが、上げ、下げとも潮切れが良く、イシダイは潮によって釣り座を変える。本命は三角から来る下げ潮。クロは足元から出るサラシでキロ級が出る。
三角は、ハナレが本命でイシダイは上げ潮、クロは下げ潮を狙う。ここで釣れるクロは、地グロ、オナガとも型が良く1~1.5㎏級。イシダイは3~4㎏の実績。
京ヶ岳瀬とその隣の地磯は、クロが良く、上げ、下げ共に狙える。ただし、京ヶ岳瀬は少し中へ入っている分、潮が入りにくい。
一帯は夜釣りのフカセで2〜3㎏級のオナガグロ、4~7㎏級のフエフキが釣れる。

カテゴリー
五島列島釣MAP

嵯峨ノ島・平瀬、 ナゼバエ

178 嵯峨ノ島・平瀬、 ナゼバエ:都丸

ナゼバエ、平瀬ともに嵯峨ノ島では水深のある釣り場。
上げ、下げ共に潮通しが良く、ナゼバエではイシダイの70㎝オーバーが出た実績がある。ナゼバエは春、秋ともに3~5㎏のイシダイが狙え、陸行可能。イシダイ、クロともに型、数が狙える。
平瀬のイシダイは下げ潮が本命で、左側のカベに仕掛けを這わせて釣る。型は3〜4㎏と良型で春、秋ともに期待できる。
クロは両潮狙え、800~1.5㎏級が数出る。磯が低いのでベタナギの日しか上礁できない。
なお、秋はヒラスの回遊があり、3〜6㎏級が出る。アジゴの泳がせ釣りが確定だが、ルアー(メタルジグ)を高速で引くと散発ながらヒットする。