カテゴリー
五島列島釣MAP

大瀬崎・汐バエ、北の妻

188 大瀬崎・汐バエ、北の妻:大鳥丸

汐バエのイシダイは、上げ、下げ両潮狙え、竿2本位先に投げて足元を釣る。
春の5月中旬頃から2~3㎏級が数釣りできるポイントで、7月いっぱいまで狙える。
ツケエは、赤貝、カラス貝、ヤドカリなどが主力。夏〜秋にかけては、カニ、ガンガゼ、サザエなど。
北の妻は、上げ潮、もしくは下げ潮の反転流でイシダイ、アラが良く、アラの10㎏クラスはかなりの実績がある。
クロ、マダイ、イサキは汐バエと北の妻の中間にある地磯が数、型とも狙える好釣り場で上げ潮が本命。下げ潮はあまりパットしない。
クロは冬~春先、マダイ、イサキは秋〜晩秋にかけて大型が出る。
なお、北の妻一帯の地磯は、陸行する地元の釣り人が多く、平日でもポイントへ入れないことがある。
過去に5㎏オーバーの実績有り。

カテゴリー
五島列島釣MAP

大瀬崎・大瀬鼻周辺

189 大瀬崎・大瀬鼻周辺:大鳥丸

大瀬鼻、大立神を流れる潮は両潮とも激流のように速い。
大瀬鼻のイシダイは5㎏オーバーの実績あり、2~4㎏級が主力。上げ潮の動き始めと、潮止まり前後がチャンス。
上物のクロは先端部がカゴ釣り、立神向きがフカセ釣りのポイントで上げ潮を狙う。マダイ、イサキは、下げ潮で狙えるが、潮流が速いので仕掛けをヨドミへ引き入れることが大切。
小立神は低い磯なのでナギの日に限り上陸可能。イシダイは上げ潮を狙うが、ここも潮が速いため、緩んだ時がチャンス。クロは潮目を流すと、2~3㎏級のオナガがアタる。
大立神のイシダイは、竿3本程投げて足元を釣る。下げ潮は激流で仕掛けが落ち着きにくい。ここは上げ潮の反転流を狙うと、型、数ともに期待できる好ポイント。
上物は沖へ払い出す下げ潮で、キロクラスが数釣りできる。潮が速いので1~2号クラスのウキで仕掛けを沈めるのがコツ。
中の瀬横のイシダイポイントは、釣り座が前スベリで足場が悪いが、ゆるやかな上げ潮が入るので仕掛けが落ち着きやすく、他よりも攻めやすい。ここは下げ潮でも2~4㎏級が出る。
中の瀬はクロのポイントで500g~1㎏級の数釣り場。ゆるやかな上げ潮が本命。
一帯は立神以外は陸行する釣り人が多く、ポイントへ入れないことがある。

カテゴリー
五島列島釣MAP

大瀬崎・綱下り、一丁綱

190 大瀬崎・綱下り、一丁綱:大鳥丸

大瀬崎は本流がまともに瀬へ当たって来るので両潮ともに激流のように流れ、イシダイ、クロともに魚影は濃い。
綱下りのイシダイは、2~3㎏級が主体で上げ潮が本命。流れが比較的ゆるやかな時は沖向きの竿2~3本先に仕掛けを投入し、足元のハエ根の先を釣る。ここでは5㎏オーバーの実績があり、春は数釣り、秋は型狙いができる。
一丁網は、地磯からの釣り人が多く、釣り座は海面から10m以上の高場と一段低くなった所の二カ所。上げ潮が本命で足元を宙釣りで狙う。ここも5㎏クラスの実績があり、一帯はベタ底で根掛かりはほとんどしない。
クロは、綱下り、一丁網ともに上げ潮の潮目を流すと1.5~3㎏級のオナガクロがアタる。潮が速い時はウキ下竿2本前後で沖めまで流すこと。
冬~春先は1~3㎏の地グロ、オナガとも数出る。